カカオの栄養はいっぱい!嬉しいことばかり!

カカオの栄養はすごいです。

ローチョコに使うカカオは

「発酵」「低温乾燥」します。

ローカカオバターとローカカオパウダーが出来上がります。

ローは生という意味です。

だから酵素も栄養もあるんです。

さて、どんな栄養でしょうか?

 

(カカオポリフェノール)

カカオには緑茶の4倍ものポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用、動脈硬化・高血圧予防、抗ストレス効果があるといわれています。また水に溶けやすい性質があるので、毎日こまめに摂取することがコツです。

(カカオのルンルン成分)

【フェニルエチルアミン】幸せな恋愛をしている時の感覚をもたらします。

【テオブロミン】脳を活性化して集中力や記憶力を高める働き、自律神経に作用してリラックス効果があります。

【アナンダミド】幸福感をもたらす神経伝達物質で脳や精神的疲労を和らげます。

(豊富な栄養)

鉄、亜鉛、マグネシウム、カリウムなどのミネラルや、抗酸化作用のあるビタミンE、食物繊維が豊富に含まれており、まさにスーパー「スーパーフード」です。

人の体内では作りだせない、健康を維持するため必要な栄養素、です。

そして。。。

酵素です。

酵素というのは、体内の消化や代謝といった化学反応を起こす触媒の役目を果たしています。人間は体内で毎日一定量の酵素を作っており、それは代謝や消化に使われています。そこで食物に含まれる酵素を取り入れて消化を助けることで、体内の酵素の多くが代謝に使われるため、痩せやすい体質になると言われています。

ローチョコってすごいでしょ!

毎日食べたいローチョコですね。。。

皆さんにも食べていただきたくて、ローチョコだけのコースをつくりました。

只今キャンペン中です。

 

※チョコロースイーツレッスン

https://akemi3737.com/chocorawsweetsinstructorcourse